体の不調は、医療機関やグッズで改善できる

girl beauty

自然治癒力を高める

人間の自然治癒力を高めるもの

健康に良いという話をテレビや雑誌なので見ると、日本人はすぐに実行したくなる人が多いようです。 世の中には、様々な健康法が存在すると思います。温熱療法というのもその中の一つです。一般的に温熱療法と言われても、漠然としか理解していない人が多いのが現実です。 温めると良いと言うことなのですが、やけどをしてしまっては元も子もありません。自分に合った温熱法を理解し行くことも重要です。我々の身近なところでは、お灸がわかりやすいです。ツボにのせて温めると言うシンプルさです。なぜ温めるのが良いかというのには、免疫という面に注目する必要があります。風邪を引くと人間ですと熱が高くなります。どうして熱が高くなるのかと言えば、体内の白血球が活動しやすくさせるために体の温度を上げているのです。体温が高くなると、ばい菌をやっつける白血球が動きやすくなるということを理解しておくと温熱療法の効果も上がると思います。

基本的には温熱療法だけでなく規則正しい生活とバランスの取れた食事と適度な運動が重要

体内の菌をやっつけてくれるのであれば、基礎体温が高い方が効果的であることは理解できたと思います。お灸にしろ、電気機器にしろ温熱療法を自分で行う場合は、おふろに入る前にはやらないようにしましょう。せっかく体幹を温めた効力が半減してしまいます。 体を温めることで、血流が良くなったり、白血球の活動が活発になったり、おふろに入ったときのようなリラックスルの効果があります。白血球の活動が活発になると言うことは、免疫力が上がるということです。病気になりにくい体の基礎代謝を作るために温熱療法を取り入れることは素晴らしく良いことであると思います。 ただ、勘違いをしてはいけないことがあります。いくら温熱療法だけをやっても免疫力を上げて、あらゆる病気に立ち向かえるというわけではありません。基本的には誰でも知っていることが一番重要になってきます。規則正しい生活で体内時計を整え、バランスの良い食事で必要な栄養素をとり、適度な運動で新陳代謝を良くしたうえで、温熱療法を取り入れることがより一層相乗効果が得られると考えられています。